草刈りや間引きを行なって山や庭の環境を整えましょう

竹林の手入れや間引き方法

手入れ

生物多様性を阻害する竹林

田園を中心とする里地里山地帯は、かつて周辺にシイやナラ、クヌギといった雑木が山林を形成し人々の生活を支えていました。すなわち、里地里山で生活する人々はこのような雑木を間伐して薪炭として利用し生活していたのです。雑木は間伐されても切り株から新芽が再生して、数年もすれば元の雑木林を再生します。この再生力は雑木の特徴であり、里地里山地域では人間と自然の共生関係が成り立っていたと言えます。最近では、農業従事者の減少や後継者不足などが原因となって、里地里山の生物多様性が危機的状況にあると言われています。これは人間が雑木林の手入れを行わなくなったことが原因であり、かつて存在した雑木林にはモウソウダケなどが侵入してきて群落を形成しつつあります。モウソウダケはタケノコを生産するなどの利点がありますが、定期的な間伐を行わないと地域一帯が単一的な生態系となってしまう恐れもあります。

竹林の手入れ方法

竹林は樹冠を地上から10〜20mのところに形成する特徴があります。従って竹林の地上部は日当たりが悪くなり低草木が生育しにくくなります。このような生態系は生物の生息にとって脆弱な環境となり、哺乳類や鳥類、昆虫類の種や数において劣悪な自然環境を形成してしまいます。従って、竹林は定期的な間伐が必要となりますが、タケノコの生産力を考慮するならそれなりのやり方があります。モウソウダケは老竹に比較して若い竹の方がタケノコの生産力に軍配があがります。よってモウソウダケは間伐に際して老竹と若竹を見分けてから行わねばなりません。老竹は節の部分が黒く全体的にくすんだ色をしています。一方、若竹は、節の部分が白い色をしていて全体的に艶のある緑色を呈しているのが特徴です。従って、竹林の間伐はタケノコの生産力を考慮に入れるなら、このことを押さえてから取り掛かるのが良いです。

面倒な草刈りは業者に依頼

庭や山などはしっかりと手入れをしなければなりません。しかし、年配の方や時間の無い方は手入れが充分にできない場合もあるでしょう。そういった時は草刈りの専門業者に依頼をしましょう。庭や山の手入れを行なってくれるので、体に負担をかけることなく草刈りを済ませることができるのです。業者はインターネットなどから探すことができます。竹林などの管理をしてくれる業者もあるので大変便利なのです。

森林の保全術

ガーデニング

日本は森林面積が国土の約67パーセントを占めている森林国家です。樹木から作られる製品は、とても身近で私たちの周りにあふれています。この森林を守り、活性化させるための間伐の必要性について、よく理解をすることが大切です。

詳細

土地の整備をする

男女

草刈機については数万円で手に入れることはできます。しかしながら広い面積を所有されている方については、草刈機などで定期的に行う必要があります。特に夏などについては、草刈に気をつけなくても良いと思います。

詳細

定期的な手入れと方法

植物

芝の手入れは思った以上に大変で手入れに悩んでいるお宅も多いです。綺麗な芝を保つには、ただ芝刈りをするだけでなく肥料や目土、エアーや害虫駆除なども必要です。これには専用の道具や時間も必要になります。庭や芝の手入れは専門業者がありますのでそちらをうまく利用すると良いです。

詳細